■ミックス&アイスクライミング

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■布引の滝

2月16日(土)さん、さん、さん、で、布引の滝に行ってきました。
まず、懸垂で降りるんですね。心の準備をしてなかったはちょっと動揺
222.jpg

いってらっしゃ~い


クライミング開始。オーバーグローブをしていると、細かい作業がうまくできないものです。
それにしても、とっても穏やかな1日でした。
333.jpg

ここは、帰りの分の体力・腕力をとっておかないと大変。無事林道着。
雪が降ってきました。
444.jpg

今日もさん、さん、いろいろと教えていただきありがとうございました。
スポンサーサイト

■谷藤川 東山ルンゼ 天狗の滝

1月9日(月)伊達 谷藤川 東山ルンゼ天狗の滝にアイスクライミングに行ってきました。
今日のタイトルは、アイスクライミングベーシックテクニックということで、教授より貴重なレクチャーでした。
国道から見えたポッチ岩のお隣でした。
1

車止めからスキーをはいて歩くこと40分、天狗の滝に到着。
まずはさんが行きます。
2

滝にザイルを巻きつけ
3

こんな技を使い・・・
上手に写真がとれなかったので、うまく伝わらないのですが、ふ~む・・・こうしてやるんですね・・・・
4

ロープをはっていただき早速がいきます。
これまた道具はさんにすべてセットしていただき、何から何まで本当にありがとうございました。
う~ん、腕がフラフラしてうまくささりません
5


さんも頑張りました。
6


さんが、すいすい登ります。
7

最後に、アバラコフをつくってみました。
8
前から、スクリューは何に使うのか不思議でしたが、今日で理解が深まりました。

レクチャー終了!
今日も充実した1日でした。ますますアイスクライミングが楽しくなっていきます
9

さん、さん本当にありがとうございました。

報告:






■美笛の滝 2月19日(土)

支笏湖にほど近い『美笛の滝』

親切に駐車場を作って下さる方(車止めの奥の業者の方?)に感謝しつつ。

車を置いて、山スキー・スノーシューで30分ほど行ったところです。

R0022110_20110225071232.jpg

わたしは春も夏も秋も来た事がないので、感想「おぉ!氷りだ!」「氷りの中に水の音!」

P1110397.jpg

2人3人に分かれ、1段目2段目を登った後、1段目の垂直をトップロープで挑戦しました。

P1110396.jpg

「おぉ!すごいっ!」
、、、とは、砥いだ刃の刺さり具合に感嘆の声。
ついついの「おぉ!!」の模様です。

P1110407.jpg



さん カッコイイ!
さん さすが!
さん 心強い講師&写真
さん みなさん、一緒にありがとうございました。
 記

■八手岩右ルート

右ルート核心を抜ける!
4月18日(日)
6:30 十勝岳温泉駐車場発
7:00 安政火口スキーデポ地点
8:45 八手岩右ルート登り開始
10:17 1ピッチ目終了
11:30 3ピッチ目終了
12:00 1ピッチ目懸垂開始
13:00 スキーデポ地点着
13:30 スキーデポ地点発
14:30 十勝岳温泉駐車場

昨日とは打って変わり天気がよろしくない。太陽がかすんでいる中を出発。
スキーデポ
安政火口には先行者のスキーがデポしてありました。見ると北西稜線にすでに3名の姿が!
今日は昼過ぎから雨か雪が降る予報だったので先手必勝でした。

アプローチはサクサク進んだ
さすが春の山アプローチはヌカルこともなくサクサク行けました。

小鳥の足跡
途中に、なんと鳥の足跡が。ルート上に一羽鳥がいました。

3ピッチ目
いよいよ登り始めです。右ルート、出だしから難しい~
そして、さんは核心を難なく越えて上部へと消えていきました。
セカンドでもは四苦八苦。修行の道はまだまだ続きます。
今度自分がトライするときは、右の右ルートからかなあ。

3
3ピッチ目から先が見えなくなり、もと来たルートを戻ることに決定。

左ルート懸垂
1ピッチ目左ルートを懸垂しました。

天気は悪くなり始めていましたが、視界が利いたので無事下山。
Bパーティー
心配して車でず~と待機していてくれて本当に申し訳なかったです。
そして、ありがとうございました!

記:

■化け物岩 右ルート

4月17日(土)
カミホロ、八手、化け物岩
Aチーム
8:00 十勝岳温泉駐車場
9:00 安政火口スキーデポ
9:30 化け物岩基部
10:00 登りはじめ
12:00 終了(D尾根)
13:30 安政火口スキーデポ地点
14:30 駐車場

化け物岩の取り付きへGo
とっても良い天気、昨シーズン2度敗退している化け物右ルートへ
満を持してさんにリードをお願いした。

右ルート基部
取り付きに到着して、いよいよ登りスタート!
一ピッチ目
さすが!さん、安定感のある登りでグイグイ行きます。
前回敗退ルート
そして2ピッチ目、これが昨シーズン登れなかったルート
なかなか難しいらしく(やっぱりね
用は、自分の登れるルートを登ればよいとのことで、
今回は、さらに右のルートへGo

2ピッチ目
だがしかし、こちらも薄い雪壁で難しかった~修行は、まだまだ続くことを実感。
さんから、今回も多くのことを学ばせていただきました!
これを生かして、次回はリードで是非トライしたいですえっマジで

夜の部は、Bチームと合流して楽しい楽しいテント生活
の米国土産、おいしかった~
楽しいテント生活1

そして、さまの絶品トマト鍋
楽しいテント生活2
さんからは、本物の生の差し入れがあり!

こうして、1日目の夜は更けて行ったのでした。
翌日に続く。

記:

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。