■2007年02月

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■長万部岳に行きました!

長万部岳を望む


コースタイム
2月6日
旧新英温泉8:55発~うすゆき荘10:20~
鐘のある台地11:00~コル12:30~頂上13:20~
コル13:40~うすゆき荘15:15~旧新英温泉15:50
山頂を見つめて。


笹が出ているくらい雪が少かったです。
冬山登山のための標識がまめに木に設置してあり、親切!!
コルから上は、風も強くなり雪も降り出したので、
頂上に着いた後、早々に下りました。
下山は、クラストした雪の下に、重い湿雪が隠れ、
滑りずらく、時間がかかりました。

山頂ではいっポーズ!


山頂ではいっポーズ!その2

お疲れ様でした~!
スポンサーサイト

■空沼岳~札幌岳へ

札幌岳直下の急登をつぼ足で登る。
札幌岳直下の急登

天気と漁岳から縦走してきた北海学園大ワンゲルのトレースに助けられ
2泊3日の予定の縦走を1泊2日で行ってきました!

コースタイム
2月10日(土)
湯の沢橋 8:51
登山口  9:15
万計沼 12:15~12:30
Co1170・C1 14:40
2月11日(日)
C1 6:30
Co1210稜線 6:45(荷物デポ)
空沼岳 7:15~7:30
ひょうたん沼 9:18
Co1157 10:30
Co1147 11:10
札幌岳 12:30
冷水小屋13:30~15:00
札幌岳登山口15:40

真簾沼でC1の予定でしたがショートカットし稜線手前で快適な天場を作りました。写真は、天場に着く直前の写真です。ちなみに、単独登山の方とラッセルを交代しつつ、道中楽しく2日間を過ごしました。
天場へ


前日の天気予報とちがい、太陽が輝く良い天気となりました。
写真を撮った場所(Co1147)から1時間20分ほどで札幌岳につきました。
札幌岳を望む

お疲れ様でした!ありがとうございました!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。