■2007年05月

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■GW利尻西壁中央リッジ

西壁中央リッジ大斜面トラバース
大斜面トラバース


GWの利尻西壁中央リッジの報告です。
コースタイム
5/3 しおり橋から第一コル
5/4 5:00第一コル発→16:00グローブ雪田
5/5 6:15グローブ雪田→11:00南峰→12:45北峰→16:00鴛泊キャンプ場

大空沢から見た西壁
大空沢から見た西壁


核心部の露岩
核心部の露岩


南峰のナイフリッジ
南峰のナイフリッジ


GWは利尻岳西壁中央リッジを山中2泊3日でトレースしてきました。去年からの宿題だったので、終わってほっとしています。
利尻にしては、まずまずの天気で、色々のパーティが成功したようです。
中央リッジはうわさ通りの濃いブッシュと立ち具合で、疲れました。グローブ雪田から上の南峰リッジはガスと風の中の
登攀でしたが、思ったより風が酷くならず助かりました。

とってもカッコイイです。天気に恵まれ本当によかったですね!!
スポンサーサイト

■小樽赤岩44フェース&赤壁

5月28日(月)
おはよう(44フェース)

おはようをアップで登る

おやすみ(44フェース)

おやすみを登る

サバイバル(赤壁)

細かいホールドのサバイバル

そのほか、ベルボトム(44フェース)、ファイアーマンなど上りました。とっても良い天気に恵まれ、ちょっと寒かったけれど、充実した1日でした。
お付き合いいただいた皆様どうもありがとうございました!

■小樽赤岩例会山行

四段テラス


5月20日(日)
2ヶ月に1回の例会山行、今回は小樽赤磐でクライミングしました。
メニュー
四段テラス
東のジェードル岩(ジェードルルート)
西壁ノルマル
8:00~16:00まで
コールの確認、ビレイ、確保の確認をしました。
西壁ノルマル1ピッチ目

西壁ノルマル1ピッチ目

西壁ノルマル2ピッチ目

西壁ノルマル2ピッチ目

西壁ノルマル確保の確認

西壁ノルマルにて確保の確認

寒かったですね~^_^;
お疲れ様でした!みんなかっこよかったですよ!!

■旭岳

旭岳山頂を望む

コースタイム:5月14日(月)
旭岳登山口6:25-姿身の池駅(8:45~9:20)-姿身の池
避難小屋9:50
山頂12:50-姿身の池駅(14:00~14:20)-登山口
14:50
コメント:
天候不良にて予定を変更し夏道ルートを登る事になる。姿見の池駅から避難小屋まではガスっており、辺りは真っ白でコンパスで確認しながらデポ打つ。 
6合目付近でスキーをデポし登る。その後1時間程の晴れ間に十勝山系・トムラの山頂が雲海の中に姿を見せてくれて、とても綺麗でした。
登山口付近にはエゾノリュウキンカも雪渓の中から顔をだし黄色くかわいい花を咲かせていました。
ゴンドラ運行中止の中、下から歩いて大変でしたね。最後晴れてよかったです。

■風不死岳大沢

F1上部

コースタイム
7:50 大沢
9:20 F1
11:20~30 9合目直下夏道
11:55~20 風不死岳
14:15 北尾根登山口(北尾根コースを下山)

Co450くらいで雪が現れました。
雪が現れました!

F1は雪に埋もれていましたが、F2は崩れそうだったので巻きました。
F1

北尾根との合流点直下はかなり急は斜面が続きました。天気が悪く展望がきかないため、地図で慎重に位置確認しながら登っています。
大沢上部の斜面

4時間で山頂に着くことができました。
風不死岳山頂


天気が悪かったのですが、急斜面は迫力があり、楽しい山行でした。お疲れ様でした

■槍ヶ岳北鎌尾根

槍ヶ岳山頂を目指す!


5月1日~6日、槍ケ岳北鎌尾根に行ってきました。
ずっとあこがれていたルートなので感慨深かったです。
緊張しっぱなしでしたが、やはり第1級の素晴らしいルートでした。
5/1 千歳空港12:45~松本空港14:20~上高地17:30(C1)
5/2 C1発7:10~徳沢8:40~ババ平キャンプ場14:25(C2)
5/3 C2発6:00~水俣乗越8:35~北鎌コル13:50~P9手前15:50(C3)
5/4 C3発5:50~独標10:10~槍ケ岳頂上17:50~肩キャンプ場18:30(C4)
5/5 C4発7:40~ババ平キャンプ場10:20~徳沢14:10~上高地16:10(C5)
5/6 C5発7:30~松本空港14:50~千歳空港16:10
ナイフリッジが続く

高度感があるよ~!

すばらしい充実した山行きでしたね!

■ピンネシリ、アポイ、ピセナイ

吉田岳からピンネシリを振り返る

コースタイム
5月4日
 7:16 アポイキャンプ場
 8:05 ピンネシリ登山口
10:23 ピンネシリ山
12:24 吉田岳
13:05~30 アポイ岳
14:30 アポイキャンプ場
ピンネシリ登山口

稜線上には、まだたくさんの雪がありました。
稜線上にまだ雪がたくさん残っていました。


遠くにピンネシリが見えてきました。
遠くにピンネシリが見えてきました。

アポイ岳が遠くに見えます。
ピンネシリから見るアポイ岳

吉田岳から歩いてきた道が良く見えました。
吉田岳山頂

だんだんアポイ岳も近づいてきました。
アポイ岳遠景

アポイ岳の山頂はにぎやかでした。
アポイ岳山頂


5月5日
 7:05 ピセナイ林道入り口(車止め)
 8:27 ピセナイ岳登山口(昔の駐車場)
10:20 6合目
11:00~15 ピセナイ岳山頂
12:24 ピセナイ岳登山口
13:30 ピセナイ林道入り口
手作り感いっぱいの登山口標識
手作り感いっぱいの登山道入り口標識

紆余曲折ありつつも雪の中の6合目に到着。
6合目

稜線上は雪でした。あと少しで山頂です。
9合目

残念ながら眺望には恵まれませんでした。
ピセナイ山頂

予報どおり、午後から晴れてきました。
6合目から見る山頂


美味しい夕食

食計もとっても美味でした。
お疲れ様!!
参考
入浴した温泉
1.アポイ温泉
2.三石 蔵三温泉
3.静内レコードの湯
サマニユキワリ

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。