■2007年07月

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■あこがれの1839峰へ

7/13~7/16(7/17予備日)
1839峰の頂上


行ってきました、念願の1839峰!
(7/13~7/16)(7/17予備日)
7月13日 仕事終了後カフェで食事、銭湯で入浴、リーダー宅に集合21:00出発。
お天気がイマイチの中、予備日アリで5人(♂2・♀3)で行きました。
道の駅駐車場でテントを張り、仮眠。

コースタイム
7月14日 コイカクヒュッテP(7:00)~コイカク尾根取り付き着(8:30)~発(9:00)~
コイカクテン場(12:30)~コイカク頂上(13:00)

7月15日 コイカクテン場(4:10)~ヤオロマップ岳(6:30)~1839峰着(8:50)~発(9:10)~
コイカクテン場(13:50)

7月16日 コイカクテン場(4:00)~沢出合着(5:45)~発(6:00)~コイカクヒュッテP(7:40)
      ~幸福の駅で観光~帯広のクランベリーにてスイートポテトセットで至福
のひと時~清水町で入浴&昼食~帰路へ

AM4:00一面ピンク色でした!
コイカク天場より朝焼け

コイカク頂上付近のお花畑

日高山脈

1839峰

1839峰、下りてきてから振り返るとクッキリと姿を現しました。

1日目 ♂5ℓ ♀4ℓの水を担ぎ上げ、コイカクテン場にてお昼寝タイムあり散策タイムありの余裕の到着
2日目 予定ではヤオロのテン場に移動し1839峰を往復のはずが・・コイカク~1839~コイカクをやる
    ことになってしまいました。
    え~っ16時間?いえいえザックの中身は水と行動食とカッパとウンコ袋だけ。
    にしても、たっぷり写真撮影時間もとって10時間を切って帰ってきました。
    初日に担ぎ上げた水は足りなく、ヤオロで汲むはずが涸れており、リーダーが一人犠牲
になり1839峰へ向かう私達を見送り、ず~っと下まで下りて汲んでくれました。
    1839からの帰り、ヤオロ頂上に汲んだ水がデポ。涙っ!!
    コイカクテン場に戻り、リーダーに「素晴らしいっ!こんなに早く帰って来た!」の言葉に
    一同ご満悦・・実は帰り道にクマのフレッシュなウンチを発見!クマももちろん見ました。ので「休憩する?」「しない、しない」 「写真は?」「撮らない、撮らない」で速かった?
3日目 予報通りの雨。ひたすら下りて・・
    異臭漂うきったない格好で、きれいなカフェでスウィートポテトセットをいただく。今度はリーダーがかなりご満悦の表情でした。

「また、来る?」「いや~、しばらくはいいね・・」でも下山後、「今度はどこにする?」
やっぱりこうでなくっちゃ!

すばらしい!写真と楽しい報告ありがとうございました!!!やっぱ日高って良いですね!



スポンサーサイト

■モンゴル遠征に向けて(旭岳合宿)

7月21日~22日
黒岳を望む

コースタイム
7/21 
ロープウェー姿見駅12・45ー山頂15・00ー裏旭キャンプ場15・15
7/22
裏旭キャンプ場7・00ーお鉢(北海周り)ー裏旭キャンプ場11・25~12・25ー旭岳12・55ーロープウェー姿見駅14・10

当初週末の天候は曇り~雨の予報でしたが時より小雨はあったものの曇り~晴れ間も見られ予定通り、お鉢周りをしてきました。
お鉢マラソン

雪渓も残っていました!

今回の山行はモンゴルの遠征に向けての高所順応訓練で酸素飽和度測定を持参し、山頂・眠前・起床時に測定しました。
出発まで後2週間程なので体調管理に努めたいと思います。
お花畑

エゾタカネスミレ


ラストスパートがんばってください!!お花もきれいでしたね!ところで、壮行会はいつ開きましょうか?!

■発寒川(例会山行)

7月22日(日)
美しい小滝

9:15 平和の滝
9:30 送電線下 入渓
10:33 夏道との分岐
12:35 大滝~懸垂の練習~
13:40 下山開始
15:10 夏道との分岐
16:00 平和の滝
はじまり

小滝

へつりもありました!
へつり

人間ブリッジ!
人間ブリッジ

ゴールの大沢に到着
大沢

天気もまずまず、美しい沢を堪能できました!さん、リーダーお疲れ様!さんこれからもよろしく

■羅臼岳(岩尾別コース)&斜里岳

7月13日~15日
雪渓を行く!

お天気に恵まれ楽しい山行ができました。
13日、
12:30金沢の友人二人(石川労山チャムラン山の会所属)を千歳空港で迎え、
1:30道東自動車道を利用しながら、一路ウトロへ、途中間違えて釧路へあと28キロの所まで行ってしまい、戻ってウトロの木下小屋へ10:30到着、管理人さんに心配かけました。

14日
お天気もよく沢山の登山者が列を作って3:00頃から登って行ってらしいですが、我々は4:00起床し、小屋の前で登山届けを済ませ、
5:15出発、急なジグザク道をゆっくり歩いて
6:00展望台、6:50弥三吉水到着、休憩、水がおいしい。羅臼岳・の稜線が見えてきて、久しぶりの遠出の登山がうれしい。オホーツク海、知床五湖が見える。
7:00出発、7:10極楽平に着く。ダケカンバが密生し見晴らしも別にって訳で極楽の意味不明。これから急登が始まるかと思うとよーしガンバロウと気合を入れる。
チングルマ

段々花が見えてきて、楽しい。キクバクワガタ・チシマフウロ・イワキンバイ外多し、花の名前は何度聞いても覚えられない。
7:30仙人坂、7:55銀冷水着、休憩、8:05出発、大沢入口2キロ8:20、沢筋を雪渓が羅臼平まで詰まっている急登を慎重に歩き、9:00到着。縦走者も多く、三ッ峰へ列を作って登っている。 
20分程休憩後、友人の一人が足の調子が悪く、9:25二人で頂上へ10:30着。
羅臼岳から知床連山を望む。

硫黄山に続く知床連山や羅臼湖、雲海上に国後の山が見え感動、友人が待っているので、証拠写真もそこそこに10:40下山開始、11:20羅臼平到着、友人の足のこともありすぐ下山する。
雲海に浮かぶ国後島の山

待っていた友人にも、そこにいたおかげでかなり大きなクマが三ッ峰の雪渓上を横切って行くのを目撃し大興奮、外人さん達が大騒ぎしていた。知床は動物の出会いも多く、友人は感動の連続。
11:30下山開始、足の痛みがひどく、ゆっくり降りて3:30木下小屋到着。疲れました。
15日 
4:00起床、朝食を済ませ、5:30斜里岳へ登る友人を送る。
7:00清岳荘(コンクリートの建物になっていて立派、町役場に予約しないと気楽に泊まれない。前の方がよかったなあ。)私はここまでで足を痛めた友人とウトロ観光をし、2:00に迎えに行き、今日の宿泊阿寒湖温泉へ、翌16日富良野を廻って帰宅しました。
 1.400キロの運転は初めてで標識とパトカーとの遭遇で緊張しまくり、疲れましたが山は素晴らしかったです。友人のタイムですが、
斜里岳登山の参考にしてください。(清里コース)
清岳荘前登山口7:45-林道ー下二股旧道コース8:30-上二股9:50-馬の背10:20-頂上10:35ー下山開始ー上二股新道コース11:25-熊見峠11:55-下二股12:30-登山口1:20
 彼女は足が速くもっと時間を詰めれたが、ツアーが二つ入っており、滝の連続の渡るところで大渋滞を起こしていたらしいです。彼女いわく羅臼岳とはまた違う面白さがありとの感想でした。
 どちらも入山の規制がその内必要になると思いました。是非早く検討してほしい。
 チリ紙が羅臼平で風に舞っていました。3度目ですが、いつも遠いがいい山だなあが感想です。
 記 
羅臼岳


ステキな写真と楽しい報告ありがとうございました!
本当に天気が良くてよかったですね!!

■小樽赤岩でクライミング!

7月14日
奥リス フランケ左

意外と涼しかった赤岩をのぼってきました。
は数え切れないリハーサルの成果で、奥リスフランケ左の
リードが成功。 パチパチパチ
又 ビレーにおいても、気合いが入っています。
奥西ノーマル2P

多彩な登り方を必要とする奥西ノーマル2ピッチ目は、意外とたのしかったのでは!?
さらに 赤岩って 意外と花が多いんですね。
車百合

記 
 奥リスフランケ左オメデトウ!!天気に恵まれ快適なクライミングでしたね!

■九助川~狩場山

7月16日(祝)
滝を登る!!!

入渓      5:55
Co510分岐    9:20 
Co550 3段の滝 9:30
Co1250 源頭部お花畑 12:00
旧道と合流   14:20
狩場山     16:00
登山口     17:55
滝1

滝2

滝3

滝4

滝5

源頭部お花畑
源頭部お花畑

とにかく長い沢でしたが、丸みを帯びた岩と苔むした滝の様子が東北の沢のようだとのことで、藪こぎは、予想以上でしたがとっても美しい沢でした。さん、写真の提供ありがとうございました!

■パンケメクンナイ沢~目国内岳

7月8日(日)
上里入渓7:40~550m二股12:00~大滝15:00~稜線夏道16:30
新見峠18:15~新見温泉解散19:50~上里デポ車回収20:20~
コンビニでアイスモナカ購入20:30

日曜日、行ってきました。が、沢嫌いのには
地獄のような滝の連続・・
「絶対に、お尻を濡らす沢にははいらないっ!」と
今まで言い続けてきたのに・・
6人で行きましたが、ちゃんと目国内岳に辿り着き
新見峠へ下りました。後から聞いた話で、2時間
短縮コースもあるようですね。
出だしの1時間半、ペースが遅いらしく「尾根には
辿り着けないので、次の地点で撤退かどうか見極める!」
の喝に、一同、川の中を急ぐ急ぐ・・・!驚異的な
速さで「これは行けるかも」の判断。「ヘッ電覚悟で
行くか?どうしたい?」の問いに、またもや一同「行く!」
「よ~し、急げ~っ!!!」で滝にロープ常に2張りしながら
猛スピード!で明るいうちに、下山できました。
あ~疲れた・・・慣れないというか、初めてのは最後
足がヘロヘロになってしまいました。もうイヤ。
でも素晴らしくきれいな所、水・・
すみません、写真を撮る余裕はありませんでした。
ブログに是非載せてもらいたいほど、きれいでした。
そして、必死でした。もたもたしてた私は、食事がとれず、シャリバテしてしまいました。尾根取り付きで。そこで
食事をとらしてもらい、しばらくしたらスイッチが入った
ようで、元気になり駆け登り、駆け下りてきました~
初めての沢登り山行報告でした。

写真が無くて本当に残念です。でも、楽しい報告ありがとうございました!

■夕張岳

7月7日
前岳湿原から夕張岳を望む

コースタイム
登山口 7:30
夕張岳ヒュッテ 8:40
馬の背コース
分岐 10:10
山頂 11:50~12:20
分岐 13:50
冷水コース
登山口 15:00

手の込んだ看板標識がありました。
森林管理署職員の手作り看板

お花を見ながら山頂に到着!

山頂から見えた芦別岳

おおにぎわい!

お花がとってもきれいでした。
お花1

お花2

お花3

お花4

ユウバリ~は、時期がずれて見逃しましたが、お花がとってもきれいでした。

■ブナ沢左股(黒松内岳)

7月1日(日)
小滝を登る

コースタイム
9:15 入渓
10:15 Co290
10:35 大滝
13:50 Co390
15:00~15:15 山頂
15:50 登山口

ブナ沢の入り口には、かわいい看板が!
ブナ沢入り口

乗り越えるのに苦労した大滝
大滝を望む!

右岸から行きました。
大滝を登る!

小滝が、最後の最後まで続いていました。
小滝3

山頂からはすぐ隣に大平山
大平山

遠くには羊蹄山が!!
遠くに羊蹄山が!

登攀系の沢でした。最後の最後まで直登出来る沢が連続し
とっても楽しかったです。みなさま、お疲れ様でした。

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。