■2008年05月

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■中国雲南省白茫雪山偵察

扎拉雀尼峰

白茫雪山扎拉雀尼峰偵察にいってきました。
偵察では、4600mに一泊しルートなどの確認をしてきました。
以下は、スナップし写真です。
白茫雪山の最寄の街、徳鉄のスナップ写真です。
徳鉄の街並み

徳鉄の市場

食料品店

飛来寺

シャングリラにて
シャングリラにて

お世話になったガイドさんたちと中日友好!この晩白酒を5本空けました~。
シャングリラの食堂で

毎日飲んでいた酒

ここから、食べた中華料理の紹介です。
中華料理

ヤクの串焼き

雲南ダック

昆明市にて大変お世話になった昆明市の陸さん夫婦と~。
陸さん


観光と飲んで食べてばかりのような報告になってしまいましたが・・・。
ABC予定地まで確認してきました。北海道の3月くらいの気候でした。
スポンサーサイト

■小川山(GW山行第2弾) 5月4日~6日

鹿島槍ヶ岳を下山後、温泉に入ってそのまま小川山へ・・あまりにも天気が良かった為予備日がそのまま余ってしまったので・・
にしても、下山日は単に移動のみ と思いきや、そこはI 川さん移動だけで終わるわけが無い!
ものっ凄い混んでいるキャンプ場に、無理矢理車を止めて・・早速岩の取り付きへ・・
ワイドなクラックを、I 川さん2本の私1本登って1日目は終了。久々のクライミングシューズ・・かねてから靴ズレをしている足にはキツイ! シューズを脱ぐときに、「あ~っ!!」やってしまった・・かかとの皮がベロッ・・「もう、イヤ・・・」 その後、食当のI 川さんにいろんなものを作ってもらってたらふく食べ、ごっ機嫌とり・・
次の日は、朝早くからまたもやクライミング・・はい、一番乗りでした・・さすがです・・
スタスタと取り付き目指して歩くI 川さん
廻り目平キャンプ場-1

マルチで4ピッチ-1
2日目はマルチで4ピッチ クラックから登り始めます この写真は下りてきてから撮ったので他の人がいますが、一番乗り

3ピッチ目-1
3ピッチ目

4ピッチ目-1
4ピッチ目

終了点から1-1

終了点から2-1
終了点です
ここから懸垂-1
下りは後ろの立木から懸垂 「はぁ~・・やっと終わったよ・・」と思ったら、「一度テントに戻って食事とったら、今度はさぁ・・・」「あっ・・まだやるのね・・」
ところが、お天気が私の味方をしてくれた~っ! 昼食とって昼寝をしていたら、小雨が降ってきたのである。ここで「終了~!」となりました でも十分満喫したよっ!!
ホントに「リトルヨセミテ」と言われるような所でした。ひろ~くて、ルート数が多く面白いかも・・
ちょっとだけフリーにハマリそうです・・

翌朝、帰札までに時間があったので軽井沢見物・・しっかりあっちこっち観光客してきました
びっしり遊んだぞ~っ!
軽井沢観光-1

■鹿島槍ヶ岳 東尾根(5月1日~4日)

「晴れ女」と「ツキ男」の威力で信じられない程のイイ天気!に恵まれた

[コースタイム]
5/1 仕事を終えてから羽田へ・・車のI 川さんと合流~ひたすら大谷原登山口まで走る~仮眠
5/2 大谷原登山口(6:30)~東尾根取付(6:50)~途中約1時間待ち~二の沢頭(13:00)
5/3 出発(4:30)~第一岩峰通過~第二岩峰(8:00~8:50)~北峰(10:45~11:00)~
   頂上南峰(12:20)~布引岳(13:15~13:45)~冷池山荘(14:30)野営
5/4 野営場発(5:30)~大谷原登山口(7:50)

かれこれ1週間風邪に悩まされ、咳が止まらず・・でも「登るっ!!」(ちょっと迷ったけど)
暑い暑い!気温が高いのか、風邪のせいなのかわからず・・とにかく暑い!
バリエーションルートの東尾根取り付きです
東尾根取り付き-1
デカザック、約20Kgあります(重たっ!)

ず~っと藪漕ぎか?と思いきや、しばらくすると雪が でもザックザクのベチャベチャです
残雪を楽しむ-1

二の沢頭手前-1
特に難しい所も無く重さと暑さに耐えながら順調に進みましたが、二の沢頭手前で雪が落ちてしまった為にちょっとした難所あり。30分程先に出ていたパーティに追いつき、更に約1時間程待つことに・・

二の沢頭から第一岩峰-1
本日のテン場「二の沢頭」私達と先行パーティの学生さん2人
写真は第一岩峰です  ここまで来ると、雪崩やら落石やらの音が凄いっ!ひっきりなしに聞こえる・・
明日の出発は、私達が先行しないとっ!時間切れ~はイヤだし・・

翌朝うまいこといき、私達が多少早く出発することができたっ!しか~し、相手は学生!歩くの速っ!
第一岩峰取り付きで追いつかれてしまった・・簡単だったにもかかわらず、なんだか体がだる~くて調子がでず、モタモタ登ってしまった
第一岩峰から第二岩峰へ-1

核心の第二岩峰ってどんな感じかな・・等と考えながら急斜面をトラバースして行くと、ババ~ンとこんな感じ
やっとヤル気になってきたっ!20Kgのザックもなんのその!岩を登ってる時は、重さを感じないのよね~アイゼンの爪をうまく引っ掛けて・・楽々通過! ここで大きく後ろのパーティを引き離したよう第二岩峰
第二岩峰乗っ越して更に上へ
第二岩峰乗っ越して更に上へ-1

北峰へ-1
あとは北峰へ向かってひたすら歩く・・あ~頂上の南峰までは と・お・い・・ 
北峰-1
北峰!ここで大休止。 それにしても後ろの学生さんが来ない・・気になる・・
「あ~まだまだ遠いよね・・冷池山荘・・これからまた南峰に登るんだよねぇ・・本州の山は広いなぁ・・」(本州の山は今回が初めての私) しかも、雪崩や落石の音が5分に1回はしている。「ドッカ~ン、ゴーッ」って感じ。 まるで雷が落ちたみたいビビッてしまいました。南峰へ-1
南峰への途中、ズボッと腰まで埋まり悪戦苦闘!スコップまで登場でなんとか頂上!!
やった~っ!感激っ!!2889M
頂上南峰-1

頂上から-1
頂上からこの写真を撮り、「よ~っし、ビール!ビール!早く山荘まで行くぞ~!」でもこれがまた遠い・・「ビール、ビール・・・何本飲もうかなぁ・・ウィスキーも・・高くてもイイっ!飲むぞ~!!」でも布引岳でお腹が空いて、大休止。やっと冷池山荘だ~
冷池山荘-1
ここでももちろん野営だが、大宴会の末「おやじ」と「おばさん」はいつまでも語りまくったのでした・・ ビール500ml ¥750×○ ウィスキー小瓶¥1000×○
翌朝は、いつものごとくカモシカの様に下りていくI 川さんに、なんとか付いていくのが必死な私でした
満開の桜-1
桜が満開でした



月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。