■2009年03月

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■毒矢(ブスヤと読むらしい)峰に行ってきました

3月26日、毒矢峰にで行ってきました。名が恐ろしいので怖い所かと思いましたが
それ程でもないような。天気はまずまず雪がぱらつく程度。

山にひたる!

雪質はかなり湿った雪でした。春が来た証拠ですね。
スキーのシールに雪が付き高下駄を履いたような状態になり
重いスキーになってしまいました。シールの手入れをしなくてはダメですね。
登りの途中、定山渓天狗岳も綺麗に見えました。

頂上で


皆さんドンドン登ってドンドン下って行きますが私はそうはいかず・・・
まだまだ体力と技術不足のようです。もっと山に行かなくては。
皆さん、ありがとうございました 

天狗小屋

タイム 天狗小屋(登山口)9:10~頂上11:50~天狗小屋14:20


スポンサーサイト

■壮行会 inつる

さんの道南への転勤が決まり、壮行会をしました。
ラリーグラス道南支部、発足です!ばんばん山に行きましょう
雄鉾、遊楽部、数々の沢・・・登りまくりましょう。
あ、銀婚湯も入らなくちゃ

さん「全然遠くないよ、汽車で2時間だよ。心はそばにいるよ・・・」
でもっ、やっぱり遠いの寂しい。今までが近すぎ?毎週のように、お世話になってたし。
さんは転勤うれしそうで、ルンルン鼻歌歌ってますが・・・。
本当に、本当に、ありがとうございました。
そしてこれからも、よろしくお願い致します。

さん、バンザーイ! ラリーグラス、バンザーイ

壮行会 
乾杯はに頂いた沖縄みやげ、サーターアンダギー!  記:

■化け物岩左ルート

化け物岩
3月20日~22日
3月20日
札幌 19:00
富良野 唯我独尊でカレー~カレールーのおかわりのためルルル~と歌いました。
十勝岳温泉駐車場10:00
3月21日
起床5:30
出発7:30
Z手前天場着8:00~テント設営
化け物左ルート基部10:00
登りはじめ10:30
1ピッチ目終了11:30
3ピッチ目登りはじめ12:00
3ピッチ目途中敗退 13:00
天場 16:00
3月22日
起床5:00
出発7:00
十勝岳温泉駐車場 7:15
イーアスナック 14:00~

最初の写真のように、夕方から晴れましたが、登攀中は風が強く激寒でした。3月の季節を馬鹿にしてはいけませんね。下の写真は1ピッチ目を登るさん
1ピッチ目
3ピッチ目、8mほど凹を登った後、右手の新しいボルトにヌンチャクをかけてから、目の前に見える薄かぶりの2mの壁をどうしても越えることができず、敗退してきました。帰ってきて天場からは、それはそれは美しく下の写真のようにカミホロが見えていました。う~ん、悔しい。でもの実力不足です。吹きすさぶ風の寒い中、ず~とビレーしてくれていたさん&さん、本当にありがとうございました!
上ホロ
冷え切った身体を温めてくれたストーブ、超暖かかったです。さん特製のカレーも美味しかったなあ!
暖かかったガスストーブ
これは、さんの用意した朝食です。フリーズドライのミネストローネに、トマトのカップスープを組み合わせ90秒で茹で上がるマカロニとチーズ、ソーセージを投入したものです。美味しかったですよ~!
朝食のミニストローネ!
22日は、天気が悪くなるとのことでしたので、早々に退散し、札幌にてナックで登り込みました。疲れを知らず激登するさん。
ナックにて

記: 今回の化け物左ルート敗退はいい勉強になりました。これに懲りずにまたお付き合いください。

■芦別大滝

3月19日
Nさん、Sさんにお付き合い頂きで芦別大滝ドライ

私は初ドライ挑戦
はらはらドキドキ
朝から雨模様だったので行くかどうか悩んだけど
やっぱり山は行ってみてなんぼでしょ!
ということで一か八か車を走らせ現地へ向かう

到着するとうす曇で太陽の光も届く感じ
ん~やっぱり来て良かった

20090319_190004188.jpg


今日はトップロープで練習あるのみ!
まず触ってみる・・・
なかなか手ごわい

アイゼンをきかせて足で登れ~
と下からアドバイスいただく 
頭では分かっちゃいるけど(苦)
なかなかかかとを下げられない・・・。
腕はパンパンに・・・本当にパンパンパンパンパン

2回目、3回目と苦戦しながらも
回を重ねるごとにちょっとづつ進歩進歩
すこ~し形になってきたな』と励ましのお言葉

20090319_190125219.jpg


アイスでは力技で何とかかんとか進めたけど
ドライは力の方向やアイゼン、バイルのかけ方や重心の方向を誤ると
ズリッシビアですね
課題は足だ~足に乗れ~

とてもいい練習になりました
お付き合いいただいたNさん、Sさん
誘ってくれたに感謝の一日でした

手ごわかったけど面白かった!
また挑戦したいです

無駄な動きが全然なく華麗に登るNさん20090319_190043735.jpg

テクニカルなSさん
20090319_190024641.jpg






■恵庭岳

2009年3月18日
さんとで恵庭岳に登ってきました
何とな~く冬の恵庭も行ってみたいなと思っていた私
それにさんも賛同してくれて
決行~~

私の初アイスに付き合ってくれた帰り道の
恵庭の横を通っている時に話したのがきっかけ
思っていることは何でも言葉にするものですね~

オコタン分岐に駐車して北西尾根からアプローチ
天気予報師によるとお昼くらいからミゾレが降ると。
午前中勝負だ

7:30に登山開始

順調に約940地点までスキーで進む

だんだん雪がが硬くなってきて
潔くつぼで登る!
P3180013.jpg

恵庭山頂が見えました
P3180020.jpg

天気は曇りだったけど
視界良好で360度の展望はばっちり!

下りのスキーは悪雪に苦戦
黄砂が降ったので変なブレーキ
しかもモナカ状態ありありでコントロール効かない最悪~

今日は絶対怪我なしで帰ろうとお互い誓い
安全滑走

車に戻ったら14:00
充実した一日でした~

さん有難うございました


■ビバーク訓練!

雪洞の中のローソク
3月14日
9:00 中山峠
10:00~13:30 ピッケル&アイゼン歩行訓練、滑落停止、ビーコン操作、弱層テスト
13:30~15:30 雪洞つくり
16:00~17:00 ビバーク体制準備(中山峠)
17:20~ビバーク
20:00 就寝
22:30 1度目起床
3月15日
1:30~2:30 2度目起床
5:30 起床
6:30 出発
7:00 中山峠解散

まずは、期待の新人選手に、ピッケルの使用方法&アイゼン歩行を伝授いたしました。ピッケルの持ち方

歩行訓練

続きまして、滑落停止訓練
滑落停止訓練

そして、ビーコン操作と弱層テストです。
ビーコン操作
弱層テスト
一通り訓練が終わり、あとは、繰り返しの復習が必要ですが、これで選手もいろいろ雪山に行けますね!まだまだGWまで雪山続きます。これからもガンガン一緒に行きましょう!

続きまして、今回のメインテーマ、ビバーク訓練のための雪洞つくり開始です。
雪洞つくり開始

そして、完成したのがこれ、
今夜のお宿完成
入り口には、ツエルトを張り1晩、3名でシュラフカバーですごしました。
当日は、暴風雪の願ってもない?ビバーク日和。でも雪洞の中は外の天気はまったく関係なく雪洞は天候には、強いなとあらためて実感しました。

今回は、寒さと夜の長さを実体験する、というテーマでした。
ビバーク後の感想は・・・。思ったより寒くなかった。足先が寒かった。仰向けより横向きの方が寒くない、テントマットは日帰りでももって行った方がいいね。予備の手袋、靴下を身体に入れると暖かい。足先のカイロが効き目が無かった、などでした。実際、寒さに耐えられず、途中2度起きて、お茶や軽く食べ物を食べすごしました。丑三つ時に食べてシュークリーム、美味でした。

ちなみに、超ベテランの1名は、寒さに震え寝付けぬ2名をよそに爆睡貫禄を示していました。すやすやと立てる寝息を聞きながら、若輩2名は、正月利尻のフェリーでも船酔いに苦しむメンバーをよそに爆睡していた先輩を思い出していたのでした。他の2名も、最後には少し眠れるようになりました。






■股下山!

3月7日(土)
股下山に向かって!
8:00 春香小屋車止め
10:30~40 股下山山頂
~ツエルトでおしるこ~
14:00 春香小屋車止め
山頂

スリル満点でした。
突風に吹かれてそのまま落ちてしまうかとも思いましたが
何とか帰りつく事ができてホッとしました。

こんな天候も経験できて良かったと思います。

今日は、たっぷりと時間もあったので、さまのご提案で、ツェルトを張って、メタ&メタクッカーでおしるこを作ってみました~。サバイバル術の伝授です。おしるこおいしかった!(
サバイバル術 その1
サバイバル術 その2
サバイバル術 その3

スキーはまだまだ練習必要ですね。これからもたくさん経験していきたいと思います。
山スキー!


■旭岳スキー 3月7日

今シーズン、スキーやってないぞ・・
ということで前日強風吹き荒れている中、スキーヤーを誘ってみる・・。
奇特な人で、天気が悪いとわかっている山行に付き合ってくれるというありがたい

現地に着き・・当然ロープウェーは運休(まぁ、当然だろうね・・)風速18M、マイナス13度。 「シールつけて登りましょう~」 わりと快適に登っていくが、上に行けば行くほど強風 「まっ、行けるとこまでいきましょう」 で、姿見の池駅は目の前数10メートル地点のはずの所で、ホワイトアウト。 「それじゃあ、引き返しましょう~」で、様子をカメラに収めようと構えるが・・「メディアの容量不足!」ガ~ンで、写真無し・・。
でも、途中からパウダーゾーンへちろっと入り・・少々満足
凄い悪天にお付き合いいただいたさん、ありがとうございました。

写真無くて、つまんない・・


■銀河の滝 アイスクライミング

09年3月8日(日) 午前中:雪、風やや強い 午後:晴れ

銀河の滝

昨日の悪天で雪がたくさんついていました。
渡渉は水の量は多くなく、問題なしです。
銀河、念願の上まで登らせていただきました。
反省点ばかり。一から、出直したいと思います。
精進あるのみ。
さん、S田さん、S木さん、
本当にありがとうございました。感謝です。   記

■層雲峡・錦糸の滝 

2009年3月1日(日)晴れ
錦糸の滝
3ピッチ、上まで登れました!感動。

初リード
ついに、リードを経験しました。記念写真です(スミマセン)。1ピッチ目の下の方。
自分で登る感覚、怖さが、何とも・・・気持ちが良い・・・というのか、また行きたい。
やってみないとわからないことが沢山ありました。課題山積み。
S木さん、本当にありがとうございました。
私のような人にリードをさせてくれて、上まで登らせてくれて、感謝です。楽しかった~!
今後もよろしくお願い致します。 記



■能取岬アイスクライミング 2月28日~3月1日

時期が遅いなぁ~と思いつつ・・もうこれを逃しては今シーズン無理かと思い、ギリギリになって思い切って休暇をとり能取へ・・。もっちろん、先シーズンやり残した滝を登る為
天気は最高~ でも、札幌からは遠いんだよね~
着いて真っ先に行ったのはF9!はやぶさの滝(?)よくわかりませんが・・。「やった~流氷接岸してて、問題無く行けるよっ」 そして、いつものようにリード半分こで先ずはI 川さんが中程まで登り、次に私が最後まで登ってI 川さんフォロー。
はやぶさの滝
はやぶさの滝全景
「ん、問題無いね、次行こう次っ!」で、歩いてると・・ヘリがババババ・・・・「ず~いぶん低いねぇ・・、流氷の撮影かなぁ・・なんでホバリングしてんの?」で、見るとアイスクライミングの撮影でした。
撮影隊
某ガイドさん達でした。「邪魔になるからさっさと行こう!」で、次は三本柱
三本柱
ここも、交代でリードのはずが、短くてI 川さん「このまま登っちゃっていい?」「いいよ~別に・・」
水が滴っていましたが、氷はしっかりしていました。短いので、トップロープ張ってもう一本づつ別の氷柱で、あえて窪んでいるところからトラバースして乗っ越す。
三本柱トップロープ
これで一日目は終わって野営・・だけど街に繰り出して居酒屋へ・・「誰、運転すんの?やだなぁ~」「もっちろん”代行”だよ
酔っぱらい
そんでもって二人とも「のんべ」だもん、飲むだけ飲んで代行で野営場まで・・¥4,000也
翌日の起床時間30分遅れで・・
能取岬1
能取岬2
太陽がま・ぶ・し・い・・・
「昨日、撮影やってた滝やろうよ!」でおじろの滝(?)
さすがのI 川さん、飲みすぎで「全部リードやっちゃってよ」「やった!でも、私もキツイんだよね・・
おじろの滝1
おじろの滝2
氷は薄かったけど、「楽勝~ってか~」「あと登ってないとこは・・」
繋がってれば・・
この滝、もう少しつながってればねぇ・・
歩くが、結構融けてました。そんで、一番端のF1 オコジョの滝(?)
オコジョの滝全景
これはI 川さんリード。だけどこの写真を最後にカメラが壊れてしまった・・
次にメノコの滝だったみたい・・「ここ、登攀の対象?」「わかんないけど登ってみれば?」「ん~・・スクリュー2本だね」でリードで登ってみたら(自分に厳しくできるだけ難しい?ルートをとって)立派に残置ありで登攀の対象でした
これで、「終了~」「能取、全部終わったね」「来シーズンどうする?」

今回、一日目は撮影隊と私達。二日目は私達のみ&私達にくっ付いてバシバシ写真撮ってくれたおじ様だけでした。まだ登れたのに、みなさんどうしちゃったの?

記 


■積丹大滝

2月24日、さんさんとアイスクライミングに行ってきました。
さんが積丹の大滝を計画してくれました。

大滝発見
 「うわ~凍ってる」貯水池手前の除雪最終地点から大滝川を約1時間登ります。
 突然現れた大滝に、感動でした。

積丹大滝
凍っているけど、真ん中辺りは割れていて水が流れていました。
登るには危険‥ということで今回は登りませんでしたが、大きくて、素敵な滝でした。
左の方が登りやすそう、とのことです。

孫滝
大滝をバックに「孫滝」(←命名)で遊ぶ。立ってるし折れそう、けど大丈夫

中滝
「中滝」(←やはり命名)数メートル登りました。さんのバイルの振り方、勉強になります。

リード練
私はどうしてもやってみたかったスクリューを植えながらのリードの練習をさせてもらいました。
ほんの少しですが、いろいろ感じました。
ロープのない怖さ、アイスをリードする人ってすごいと思いました。
絶対に落ちないよう、バイルの振り方、足のおき方を考えながら、一歩一歩。
今シーズン、回数は重ねたけれど、真剣に登っていなかったとわかりました。
自分で登る感覚、気持ちが良かったです。

お寿司
夕方まで遊んで、温泉入って、古平のお寿司屋さんに寄りました。
「港寿司」特上ちらし2000円、特上寿司2000円。おいしかった
〆は仁木のケーキ&パイです。

とても楽しく(おいしく)、いろいろなことに気がついた1日でした。
またすぐにアイスに行きたい!バイルを振りたい!という思いで帰りました。
さんさんのおかげです。
平日にお付き合い頂いて、いろいろ教えて頂き、本当にありがとうございました。
また来年、チャレンジしましょう! 記

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。