■2011年03月

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■オロフレ山

3月29日(水) さん、さん、でオロフレ山に行って来ました。  
路肩に駐車させてもらい、出発~。(帰りの悲劇を想像もせず・・・
出発

お天気でしたが風が強くて・・・こんな日にクリームのついているパンを食べたさん、お顔、クリームだらけでしたよ。
良い天気

羅漢岩を眺めて
羅漢岩

1050mコルでスキーをデポ。あれが頂上かなぁ~
頂上?

登りきったら頂上?!この後2回だまされ頂上へ。
もう少しで?

山頂にて。
山頂

遠くに見える倶多楽湖。
くったら湖

ところで、山頂にはボッコだけ?
ぼっこだけ?

 9:45 車止め(オロフレトンネルから登別側)  
12:00 1050mコル スキーデポ
12:50 山頂
13:45 1050mコル
15:20 車止め

さて、帰ろうと思って、路肩から車道へと思った瞬間!ドスン
右前輪が側溝に落ちました。そうです、今日は天気が良くて雪が溶け、ゆるんでいたのです。
JAFに連絡すると、「そこまで1時間ぐらいかかります・・・」
ゲートの閉まる時間17時なんだけど、大丈夫かね!私たち。

脱出してゲートを通過したのが17時過ぎでしたが、ゲートは開けてもらえました。


皆様、オロフレに行くときは、側溝に気を付けましょう。

報告:







スポンサーサイト

■2010.3.26余市岳

3月26日(土)、さん、さん、O労山のTさん、で余市岳に行ってきました。
8:30キロロスキー場で集合、ゴンドラでいっきに1185mへ。
9:30ゴンドラ山頂駅発。風もなく、頂上も見えて、この時は良い天気!!
予定の、かやが岳(P1218)経由のミニ縦走もばっちりと思ったのでしたが・・・。

途中、夏道の分岐看板がありました。分岐看板

頂上台地に乗り、頂上の看板を目指します。
頂上へ

11:45頂上着。
青空も見えて、おりる予定のかやが岳(P1218)がばっちり見えました。
頂上

しかし 12:00下山しようとする時は、
あっというまに一面真っ白いガスの中、
稜線もわからないホワイトアウト状態になってしまいました・・・。
縦走は、あきらめ、すごすごきた道を戻ることにしました
風も強くなり、も降り出し、一気にきびしい冬に・・・。
ホワイトアウトの中、苦労して、北東コルに着きました。

北東コルからは、地図で、下りやすそうな尾根を選んで、
キロロスキー場方向に向かいます。
標高1100m位までおりたら、視界も良くなってきました

14:45キロロスキー場に着き、ゲレンデを滑って、
15:30センターハウス着。

みなさん、お疲れさまでした

記、写真:

■目国内岳

3月6日
Nさん滑走写真
8:00  新見温泉
11:00 目国内岳
13:00 新見温泉

山頂直下
登りの天気はイマイチでしたが・・・

20110306目国内岳山頂
函館パーティーと合同で山頂に到達あと・・

サイコーのパウダーが待っていました
MIさん滑降写真

ANDOさん滑降写真

O滑降写真

20110306目国内岳
振り返ると、行きに姿を見せなかった目国内岳が

記:一番上手だった、テレマーカー7a代表の写真無くてすみません。写真係ありがとうございまいした!
  杉おじも、また次回ヨロシクお願いいたします

■本日の馬場商店@八雲町

3月8日
110308_1921~01

雪が降る中、函館&七飯から、7a代表&杉おじが来てくれました!

110308_1931~02
3人で登り込みましたよ!さんも応援にきてくれました!

110308_2117~01
レイバックルートも新たに加わりました

110308_1922~01
さん、美味しいお菓子の差し入れありがとうございました

記:

■母衣月山~月越山脈~弁慶岬

3月1日:メンバー

母衣月山は全く知らなかった山です。
弁慶岬に1台車をデポし、寿都町給食センター裏から出発。
登山道らしき道の途中から尾根に取り付きどんどん登りました。P2240216_convert_20110307194114.jpg

頂上は穏やかな丘のよう
P2240217_convert_20110307194214.jpg

月越山脈へは、違う尾根に乗らないよう細心の注意を払いながら斜面を下り、
岬に向かって進路を北にかえました。
P2240220_convert_20110307194358.jpg

途中で見た雪崩
P2240221_convert_20110307194305.jpg

クラストした急斜面はシートラ、トラバースで切り抜け、何個も小さなポコを超え
あとは岬に向かって一直線。
P2240231_convert_20110307194536.jpg

最後は草やぶ斜面を下りて・・・
P2240234_convert_20110307194621.jpg

弁慶像にゴールした途端に雪が降り出しました。
P2240239_convert_20110307200224.jpg

ちょっとしたアドベンチャーみたいで凄く面白かったです。
両側に間近に海を見ながら丘陵地帯を滑って岬を目指すなんて
ロマンチックだと思いませんか?
トータル6時間の冒険を終え、充実感で満ち溢れ3人とも笑顔、笑顔で帰路につくことができました。

■例会&例会山行

2月19日~2月20日
メンバーさんさんさんさんさんさんさんさん です。

Co784から望む白老岳

2月の例会はラリーグラスメンバーの邸で行いました。

食べ物

お酒!
みんなでいろいろ食料を持ち寄り、いつの間にか豪華なディナーが出来上がり、

たまちゃん.
さんの愛犬・パグのタマちゃんも参加して

宴会♪
飲んで食べて楽しい例会兼宴会の夕べとなりました
女性だけでワイワイやるのはなんだか女子会みたいでとてもGoodでした

白老岳
 9:45 滝笛トンネル
11:20 Co784
12:40 山頂
13:30 CO784
14:50 滝笛トンネル
15:00 ビーコン実証実験 

今回の白老岳は前夜ミラクルな大雪が降り、当日は良質のパウダースノーに恵まれ朝からテンション
でした。

1_20110303223025.jpg
ラリーグラス総勢八名で賑やかなスキー登山です。
当日は時折小雪が舞う曇り空でしたが、視界・雪質良好、
先客のスノーシューのトレースありでラッセルいらずの上々の滑り出しです。


2_20110303223024.jpg
三ノ沢の左岸登りがスキー初心者の私にはちょっと厄介でしたが、
その後は順調に樹林帯をスキーハイク、ドキドキのトラバースをへて

4_20110303223024.jpg
コルに向かい、

5_20110303223024.jpg
最後の北東の急斜面をニガテなキックターンで
よろよろとジグをきって


山頂写真.
なんとか登りきることができ感激しました
頂上であまりの大展望に気を取られこけました。危ないところでした!

支笏湖の山

美しい冬山

南白老岳きれいでした!支笏湖方面の展望もなかなかでした!
雪山ってなんて美しいんでしょう!
これだから冬も山はやめられません

快適な斜面!
下りは登り返しがあるのでシールをつけたまま慎重に降りました。

川の渡渉
シールを剥がした後は登りとは別のルートで滑り降りました。

良い雪と山のベテランの女性メンバーに囲まれ、
とても楽しいひとときを過ごすことができました

記:

■ニセコ山スキー合宿

アップ、遅れましたが・・・
2.11~13に、チセヌプリ周辺ラリグラ山スキー合宿をしました。

まず11日
それと特別講師
チセヌプリスキー場でリフトを使い、何回もオフピステに出て、練習。
いい雪で楽しい
天気も良く、美しい景色にうっとり!!
良い景色

楽しく滑って、大湯沼に下りて来ました~。
大湯沼に下りてきました

12日
今日のメンバーは、

読図しながら、ニトヌプリに向かいます。
読図
ニトヌプリ
今日も良い天気~です。

昨晩は、テント泊体験だったので、
黒松内に移動して、イグルーを作ってみることに。
イグルー
上手くできたら、泊まる予定でしたが、幸か不幸か、タイムアウトで泊に!!
誰?計画的~というのは。

最終日の13日
メンバーは、
悪天予報の中、さん、果敢に中山峠越えで出てきてくれました。
チセヌプリ頂上を目指しまたが、天気も悪く、無理はせず、
途中で引き返しました。
練習の成果あり、みんな上手です
滑降N
滑降K

スキー三昧の楽しい3日間でした

 写真

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。