■2012年02月

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■Gn.Cikuray(2821m) in Indonesia

茶畑とチクライ山(表紙)
登山日:2012年2月19日
ルート:Garut~テレビ塔経由
天気 :曇り~雨
コースタイム
Bandungの仙人邸で前泊
4:00 仙人邸 出発
5:30-6:00 Garut大学 ガイドと合流
7:00 登山口のテレビ塔着(Co1550m付近)
7:20 登山開始
8:20 PosIII (1990m)
9:20 PosIV (2220m)
10:00 PosV
10:15 稜線
11:00 PosVI
11:10-12:00 山頂(2821m)
15:00 テレビ塔登山口
18:00 Bandung 夕食
19:00 Bandung発
22:00 Jakarta 着
ガイド料金 Rp.600,000

2月18日(土)
前日は、仙人行きつけのレストラン Chiba Caféにて裏メニュー(メニューに載っていない)のテンダーロインステーキを頂く。仙人は、「いつもの」を頼み、他のメンバーは250g、200gのステーキと付け合せにミックスベジタブルとチーズが上部にかかったマッシュポテト、ステーキは3種類のうちの好みのソースor塩コショウで食べます。そのほか、スープはハンガリーのグラッシュ・スープがお勧めとのことで、トマトを使ったちょっとピリッとしたスープでした。本当に美味。写真撮ってなくて残念。
 前置きが、長くなりましたが・・・。

2月19日(日)
朝4:00に出発すると、驚異的な速さでGarutに到着(朝で渋滞がなかった)。約束の時間の30分前にGarut大学の入り口の前に着いて、ガイドを待つ。6時前にはバイク2台に分乗した、ガイドたちが到着。2名ということだったが、3名になっている。インドネシアではよくあること。2台の車に分乗して、いざ出発。
ゲート
途中ゲートがあり、
受付
ここで受け付け&トイレを済ませました。
ゲートからは、作業道のような急登でデコボコ、急カーブの道が続く、
kijan レベルのある程度車高が高い車ではないと、登れないです。
TV塔
テレビ塔登山口について、いざ出発!周囲は見渡す限り茶畑。
いったいこの大量のお茶っ葉は、どこへ行くのでしょうか。
下界を見渡す。
曇りの天気でしたが眼下には街が広がり向かいの山も見えました。
ひたすら急登を登る。
あとは、ひたすら急な登りが続きました。
途中何人もの学生グループに出会い、
途中学生たちのテントが点在。
何張りか道の途中にテントも設営されていました。
稜線に到着、目指す山頂は、あの向こう
稜線にたどり着くと、山頂まではあとひと踏ん張り。山頂は、あの向こうにあります。
萌芽
赤い葉先が綺麗な森を通る
先端が赤くなった葉が花のようにきれいな木々の間を通り抜け、山頂にたどり着きました。
山頂にて~避難小屋の前で記念撮影
山頂は、晴れていればインド洋が見渡せ、海岸線の白い波しぶきも見ることができるそうですが、
山頂からの眺め
今回は雲海の中でした。それでも、北側はところどころ雲が切れて街を見ることができました。
楽しいコーヒータイム
仙人が持ってきてくれた甘~い、インドネシアコーヒーで一服、凍えた体が温まりました。
時折雨が降りましたが、コンクリートの避難小屋で雨宿りしたりして、
あっという間に山頂で1時間がたち下山開始。
帰りの道も大変!
下山途中、時折雨に見舞われながらも順調に下山、
車止めはもうすぐ!
車に着いて帰り支度&ビールで安着祝いをしていたら、強い雨が降り始めました。
安着祝い!!!
その後Bandungに戻って夕食&Bintanビールで再び安着祝い。19時Bandung出発だったので、道は渋滞のピークは過ぎていて、ジャカルタへは、22時前に到着することができました。
Bandungは、250万人規模の街で、高原で涼しく過ごしやすいです。日帰りできる山&温泉も近くにたくさんあるし、本当に良いところですね。

登山届の受理ありがとうございました!
記:
スポンサーサイト

■インド・氷のザンスカール川遡行(チャダル)

1月17~31日、インド最北部のラダック地方を流れるザンスカール川に行ってきました。
1月中旬から2月、低温のため、ザンスカール川は氷って、道になり、ザンスカールの村から、レーに行けるようになります。
この道を地元では、「チャダル」と呼んでいます。
チャダルのことを知ったのは、約10年前、一度行ってみたいと、ずっと思っていました。

レー
ラダツクの中心地、標高3500mのレーの町です。
飛行機で一気に3500mに入るので、つらい・・・。
ここで3日間、ゆっくり順応して、山に入ります。

コピー ~ インダス川との合流点
左から右に流れている川がインダス川、これからパキスタンに流れて行き、
長い旅のあとに海に注ぎます。
上からインダス川に合流しているのが、ザンスカール川です。

コピー ~ 氷の道
こんなふうに完全に道になり、雪も積もっています。

氷
雪が積もってないと、つるつるのスケートリンクなので、
雪が積もっている方が歩きやすい

運ぶ
氷っているので、ポーターは、そりで荷物を運びます。

寒そうでしょう・・・、そう、ずっと-15℃前後で寒くて辛かったけど、
ルートは変化に富んでいて、面白かったです
くぐる
くぐったり、

コピー ~ ヒマラヤ造山運動
ヒマラヤの大きな地層の中で、小さい人間になったり、

高巻き
氷が薄い所は、高巻いたり、
ポーターにとっては、本当に大変です。

ブルーシープ
動物たちもいます。
急な崖にブルーシープがいました。

雪ヒョウ
この梅の花模様の足跡は、
見づらいけど、私の足くらいある大きい足跡です。
たぶん、あこがれの雪ヒョウの足跡だと思います。

はす氷
ハス氷もきれいでした。

西洋人
ヨーロッパ人やカナダ人のトレッカーは、結構いましたが、
チャダルは、日本人には、まだあまり知られてないようです。
でもお薦めです

写真と記 

■2月12日(日)雷電 スモールウェーブ

2月12日(日)さん、さん、で雷電スモールウェーブに行ってきました。
今日は大荒れの日本海を背に取り付き開始~
弱気な後ろ姿
1111

あともう少し
2222

さん、下でさんざん待たせてすみません。
3333

午後はさんがトップで行きます。
4444

午前中のおさらい
セルフビレー!ビレーの準備!ザイルを左右に振り分けて巻いて~!でもうまくいかな~い。
ザイルぐちゃぐちゃ~
5555

先週に引き続き今日も充実した1日でした。少しずつですが、上達してきたような気がします。
私のデジカメが破損し、写真もさんさんが撮影しており、
すてきな写真でブログアップできました。ありがとうございました。
来週もがんばりま~す。
報告:

■2月5日(日)雷電1ルンゼ

2月5日(日)師匠、で雷電1ルンゼに行きました。

余裕なんてないんです。
スクリューを回収する作業は今日が初めて!
落としちゃいけないと思いカラビナをつけたままグルグル回すと
シュリンゲがグルグル巻きになり・・・やっぱりカラビナはずして
レバーを回して!なんてやっていると時間がかかり、
さん、さぞかし寒かったことと思います。すみません
111

やっと着いた~
222

アイスで懸垂下降はこれまた初めてで・・・
セットするまでもたーいへん。しかし、師匠より、丁寧に教えていただきました。
下降もノロノロ、ヨタヨタ、フラフラ 泥酔しているかのように下降してま~す。
333

今日も充実した1日でした。
ありがとうございました。
報告:


■余市天狗岳

2012年2月4日(土)余市天狗岳
メンバー さん さん(BMCメンバーとして参加),くろねこ氏(BMC),
0815 余市ダム約1km手前の車止めを出発
0840 余市ダム
1100 林道終点
1240 Co510引き返し
1330 林道出会い
1430 余市ダム
1440 車止め

朝から雪。膝ラッセルを交代しながら林道を行く。「私,100歩進んだらバテて交代するので!」と宣言したものの,他のみなさんは200歩300歩とずいずいトップを進んで行くので,こちらも情けないことはできず,がんばっちゃうことに。  トップを行くさんにさんが「替わりましょうか」と声をかけると,「そんなに替わりたいなら」との返事。ラッセルというのは,「余裕の見せあい」の相を呈しますね(笑)。途中,C0310から350まで林道をそれてショートカットしようとしたけど,斜面は急だし木はたくさんだし,失敗。「〈急がばまわれ〉だね」と さん。
結局,新雪のせいで思うように進めず,途中で時間切れ。「もう少し早く出発しなきゃいけなかったね」と反省して,引き返しました。

DSCF3484.jpg
引き返し地点にて。天狗岳山頂の西側の853ポコが,きれいに見えた。上部は白く大きく抜けていて,「いい斜面だね~」とくろねこ氏。斜面の一番上には大きく雪庇がせり出していて,「クロネコさん1人で行ってください」と,さん。


余市天狗岳ピーク
遠くに白く余市天狗岳山頂が。「…遠いですね」「遠いね」と,一同。

下り
帰りはパウダースノーのスキーが気持ちよかった。

文責 

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。