■2013年01月

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■アグン山(インドネシア、3031m、ブサキ寺院ルート)

期日 2012年12月31日
コースタイム  4:50 ブサキ寺院ルート1120m発
        8:05 Co2000m
        9:50 Co2380m
       10:45 Co2570m
       11:55 Co2800m
       12:30 山頂(Co3031m)
       13:50 Co2250m
       16:50 スタート地点

メンバー さん、さん、さん、さん、さん、

 6名でインドネシア・バリのアグン山に登ってきました!トレッキングツアーの現地エージェントに「ブサキ寺院から登りたい」とメールしたところ、「本気か?それは、我々が提供する中でthe most challenging activity だ。全員歩き慣れているのか?」という返信が。「ノープロブレム。全員屈強です!」ということで、屈強な女性6名、登っちゃいました♪


 光
 登りはじめからけっこう雨が降っていて「熱帯のスコール満喫山行必至か?!」と(多分)誰もが思ったことと察しますが、雨はわりとすぐ止んでくれました(そして下山時、猛烈な勢いでまた降った)。熱帯の森の静かな朝。すがすがしい。山道沿いには、ベリーあり、生姜の群生あり、パッションフルーツ(でしたか)あり。ヤシの木も元気いっぱい葉を広げて、目が飽きることナシでした。

急登
 これ、けっこう急登なんです。始終急登。息が上がります。ペースは上がらない。

お祈り
 途中、ヒンドゥーのお祈りスポットがあって、ガイドのカキさんがお祈りを捧げていました。

花を…
 お祈りを捧げた後、花びらをメンバーの頭へ。

雲の中
 周りの景色はというと、こんな感じです。雨期です。リンジャニ山は、バトゥール山はどこ~?

山頂への道
 高度を上げて上げて…。ガスの中、「ピークまでもう少しだよ!」とのガイドさんの声に、一歩一歩。高山病の症状が出て、頭がガンガンする…。ここへきて、やっと道が歩きやすくなったのが何よりも救い。

ピーク
「ここがピークだよ」とガイドさんに言われて、「え、ここ?テキトー言ってるんじゃないの?!」と思ってしまったくらい、全然ピークらしくないピーク!ただのポコと間違えそうですが、ピークです!!

山頂でお供え
 カキさんが、ピークにて再びヒンドゥーの神に祈りを。この後、空からアラレが降ってきて、そそくさと下山開始。熱帯といえど、高山。やっぱり手袋は必要です。

山頂付近
 下山を始めてすぐ、少しだけガスが晴れて、「わあ!かっこいい!!」この景色が見られてよかった。

下山写真
 下山しました。12時間行動、お疲れ様でした。
 この後、一刻も早く熟睡モードに入りたい我々を待っていたのは、新年を祝う花火の大炸裂音。それに気付くことなく熟睡していた2名は、朝、「え、そうだったんですか?知らなかった」さて誰のことでしょうか。
 翌日は筋肉痛が苦しくて、みなさん体の動きがメカニックになっていましたが、熱帯の自然を満喫できた山行でした! 文責



************************************************
プチ番外
 その後、はメンバーのもとをはなれ、コモド島&リンチャ島にコモドドラゴンを見に行くツアーに繰り出しました。目の前をのっしのっし歩くコモドドラゴンの姿は、迫力満点!夜は海に浮かぶボート(貸し切り!)の中で寝たのですが、南十字星をはじめ、北半球では見ることのできない星たちがとってもきれいでした。

コモドドラゴン
 コモド島にて。長い舌を出してゆっくり歩いていきます。君に会えてよかった☆(コモドドラゴンは,朝の早い時間に活発に活動するとのこと。リンチャ島は午後の観光で,コモドドラゴンは寝そべって一歩も動かなかった。)



スポンサーサイト

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。