■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■支湧別岳と平山への旅~雨を避けて

苔むした登山道を登る
8月2日(土)
<支湧別岳>
11:15 登山口出発
14:07 山頂着~すぐに下山開始
16:10 登山口
こんにちわ!
一日5時間以内の行動時間は、身体に優しくてたまには良いものです。
膝に優しい登山道ですが、見上げれば急勾配で尾根道がずーっと続いていて思わずため息が・・・。
高度は稼げますが、お休み処のない尾根道。
そんな中、屋久島を思い出させる林床を覆うコケが優しく疲れを癒してくれます。コケにもうちょっと湿り気あるとなお素敵!
強風の支湧別岳山頂
風は強かったですが、なかなか雰囲気の良い山旅でした。

8月3日
<平山>
7:30 登山口出発
10:15 平山山頂
10:30 下山開始
12:00 登山口着
看板
滝1
沢沿いに付いている登山道は、あまり鬱陶しさがなく気持ち良いものでした。

滝2
「冷涼の滝」も名前のとおり涼やかな滝で休憩にピッタリの場所。


雪渓
石の多い登山道を登っていくと、熊も好きそうな大雪らしい開けた源頭へ。
今年は雪が少ないせいか、雪渓もほんの一部に残っているだけ・・・。治子さんに花の名前を聞きながら登っていくとやがて頂上へ。

平山山頂

大雪山

「360度、う~ん、良い眺めだ!!」。でもそこには、山座同定が出来ない四人組みが・・・。
「縦走した~い!」と思わず言ってしまうほど魅力的なニセイカウシュッペ山も間近に迫っていました。
記:KATU

泊った白滝のキャンプ場の管理人さんが、私達が雨にぬれて帰ってくるだろうと、薪を焚きつけてあつあつの五右衛門風呂を用意してくれていましたやっぱ、女子4人だから親切にしてくれたんだよね~と勝手に推測し、大感謝でお風呂をいただきました!
記:



スポンサーサイト

■コメント

■ [インチキクライマー]

勝手な推測は、事故の元・・・
私の時も、親切でしたよ

■ [tomo]

いえいえ・・やっぱり熟女4人パワ~でしょっe-271 あっ違う違うこれっe-415
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。