■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■遥かなる ペテガリ岳東尾根~遠いなー

11月1日~3日にペテガリ東尾根からペテガリをめざすが、みぞれ吹雪に行手を阻まれ、たどり着けませんでした。
この 長い旅路に挑んだのは、さん さん そして季節にピッタシの濡れ落ち葉の

晩秋のポンヤオロ登山口、寂しい茶色の世界。登山口

急登を足を痙りながら、ポンヤオロに着く、入山日に、晴れるのは、私のジンクス?????

ポンヤオロ
ポンヤオロ

向こうに、カムエクが見える
ポンヤオロからカムエクを望む
重荷(飲み水6㍑/人)と、無謀なリハビリ登山者が、見事に災いし、初日は、目標のP1417に行けず、ポンヤオロ100m下にテント設営。

2日は、モルゲンロートに見送られて出発・・・・・・・・これがやばいんだって!!!!!
モノゲンロードに染まる

天気予報通り、前線通過によるミゾレ吹雪、1510m付近で引き返す。
引き返し地点
どんどん雪は、積もり、岩稜地帯の通過もスリリング。
雪の岩稜を登る
ミゾレは、降り続き しっかり服は濡れる さむーい
雪強し
ヤオロ直下の下りが壁状なので、翌朝凍ったら危険なので、雪が柔らかい内に標高を下げるため、テントを撤収し、下山する。 
ヤオロを越え1200mの登山道上にテント再設営をする。
3日ゆっくりと下山する。

下山途中で出会った巨大なエゾ松
巨大なエゾアカ
近くに居た、エゾマツが「寒いよー」と叫んでいるようだった。
森の叫び

インチキリハビリ登山者にしては、山勘が、戻る山行で、意外に良かった。

記 
スポンサーサイト

■コメント

■ [hozu]

冬ですな~。でもモルゲンロード、超美しいですね!久しぶりに写真で日高の山堪能しました!

■ [tomo]

v-285さん、先日のいきなりアイゼン登攀といいちょっと無謀じゃないですか?まだリハビリ中ですよね・・また、ナースストップかかりますよ~
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。