■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■おまたせしました!ツブカル峰(4167m)@モロッコ報告

やった~!山頂だ。
4月30日(木)~5月1日(金)
千歳→関空→ドーハ→カサブランカ→マラケシュ
5月2日(土)
マラケシュにてエージェント訪問
5月3日(日)
 8:15 マラケシュ
 9:35 イメリル村
10:50 発
13:00 Co2330小屋にてランチ
14:11 発
17:50 小屋着
5月4日(月)
 6:20 小屋発
10:30 山頂(4167m)
13:20 小屋着
5月5日(火)
 9:00 小屋発
11:00 Co233小屋にて休憩
11:20 発
13:00 イメリル村着

マラケシュのエージェント
アポなし訪問したエージェント。でも、手際よく手配してくれました。

定番ミントティー
イメリル村にて出発前に定番ミントティーで一息

村に売っていたガス
こんなの売ってました~

登山スタート!
木漏れ日の中をいよいよ出発!

風景と一体化した村
途中には、こんな景色も。

Co2330のランチした小屋
ランチしたCo2330小屋が前方に見えます。

ランチ!
これが、定番ランチだ~。モロッコサラダにパンと果物。

小屋まであと一息。

ネルトナー小屋
ネルトナー小屋(3204m)手前の小屋に宿泊しました。

私達の部屋
ウシ模様の毛布をたっぷりもらって快適な二晩でした。

小屋の様子
薪ストーブです。イギリス、フランス、スペイン、etc.主にEUからの登山者が多かったです。

小屋から山頂まではこんな感じでした。
山頂に向かって出発

稜線に出ました。

岩と雪の上を行きます。

なんにも見えません。

目指す山頂はあと少し!

そうして、帰りは一気に下山。北海道の5月の十勝岳登山のイメージでした。山頂からはサハラ砂漠が見えるとのことでしたが、登った日は天気が悪く、登りも下りも迷わないように慎重に行動しました。
尻滑り

側面の壁にはアイスクライミングできそうな氷がいくつかありました。今年は、雪も多く上り下りも楽でした。昨年は、同じ時期ぜんぜん雪がなかったそうです。
アイスクライミングもできます。


降りてきて、ラバで荷物を運んでくれたベルベル人の青年と記念撮影。変化に富、人との出合がたくさんあった山旅でした。次回、観光編と食べ物編をアップします。乞うご期待!
ベルベル人の青年と!


記:ネルトナー小屋に泊まって、アトラス山脈の第2、3峰など登っているグループもいました。アイスクライミング、ミックスクライミング、山スキー、ボードもできそうですし、何日か滞在して楽しめそうです。






スポンサーサイト

■コメント

■Re: おまたせしました!ツブカル峰@モロッコ [インチキクライマー]

バッチシ アイスを確認させていただきました。
どうですか? 次回は、私のポーター&通訳で、ご同行をお願いできますか?

■Re: おまたせしました!ツブカル峰@モロッコ []

喜んで!ボーダーと山スキーヤーも来ていましたよ。お見送りありがとうございました。
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。