■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■モンブラン&マッターホルン その1(高度順化編) 7月22日~8月1日

去年も今年も海外登山してないなぁ~かといって遠征の話があるわけでもなし・・ いろいろと相談をしていたら、「ヨーロッパの山なんてどぉ?」と言ってくれた人がいた。ヨーロッパねぇ・・いいかもで、ガイドレスでやりたくて早速会の中から行く人を探しモンブランに的を絞りトレーニングをするも、どうにもアイゼン歩行が・・「悪いけど、今の技術ならモンブランは無理。キャンセルネ」で断ってしまい、相手がいなくなる。 ちょうどその頃、以前お世話になっていたM下ガイドから「モンブランとマッターホルンやるんだけど、行かないか?」の話があり・・ギリギリまで迷い(だって、ガイドレスでやりたかったんだもん)結局ガイド付きで参加。(相手がいなくては仕方ない来年行ける保障も全く無い)

自分なりにやることはやったあとはお天気次第 と思ったらもともと故障している膝を痛めてしまったバカなわたし・・痛くて引きずっていたら駅の階段から落ちた最低・・

そんなこんなでいよいよ おフランスは、シャモニ
部屋からモンブラン
天気が悪くて風があってゴンドラがストップ
1箇所だけ動いているゴンドラ見つけてくれて、ハイキング・・
運行しているゴンドラ
けど、高度は2000とちょい・・これで、高度順化できるのぉ?とちょっと不安 けど、お花が最高にキレイで気分は上々
アルペンローゼ

悪魔の爪

花-1

花-2

天気はイマイチだったけど、素晴らしい景色とお花畑に(ホントに凄いお花畑!オススメです)満喫
ハイキング

晴れたモンブラン
翌日最高~の
今日こそは、高度順化!バレーブランシュ氷河に向けてしゅっぱ~つと気分も軽い
ミディの駅からバレーブランシュ氷河へ
すっげ~楽しみっ
でも、ミディの駅に着いて氷河に下りる出口まで来ると・・・真っ白ガスがかかっていて、なぁ~んにも見えない
ここで、もう1人のクライアントとM下ガイドと3人で初めてロープを結ぶ。下りなので、私が先頭で歩き出す いきなり幅の無いところを下るが、快適に下りていこうとすると・・・M下ガイドに「Oさん、もっとゆっくり!」「(えっ?)」と思った瞬間、ロープにテンションがかかった。「こわいっ!下りれない~」と言われ・・・一歩、一歩立ち止まるように・・ゆ~っくり立ち止まりながら下りることに 途中風が吹き、一瞬にしてガスが晴れた まさに絶景素晴らしかった しかし、ここでの撮影はお許しが出なかった為写真はありません 写真右上から下りてきて平らな所で撮影。
ミディの駅から少し下ったところ
ここから先は、氷河を歩く。が、にしてもこんな短い下りで下りれないとは・・この人大丈夫??と不安になる。即席に集まった人とロープを結び歩くことに、疑問を感じてしまった。モンブランやマッターホルンをやりに来る人なら、このくらい・・。ガイド登山だからなのだろうか・・?まぁ、優秀なガイドがいれば何とかなってしまうのでしょう・・。
バレーブランシュ高度順化

温暖化のせいでしょう、ここバレーブランシュ氷河も崩壊していてクレバスだらけ 何十もクレバスをまたぎながら歩くことに・・。おまけに気温が上昇足元もザックザックに・・。最後尾に付いて歩くが、前を歩くもう1人のクライアントの歩きが気になる・・。イヤな予感がして、背中に挿していたピッケルを取り出し、前者がクレバスを渡るときに雪面に突き刺し墜落に備えた。その瞬間、踏み外して片足根元まで落ちた さすがにM下ガイドもこれには「喝っ」 クレバスをまたいでいるのであって、水溜りをまたいでるのとわけが違うんだけどねぇ・・。本人はいたって普通・・・・
「Oさん、俺がもし落ちたら頼むよ。引き上げシステム作って」「はーい!」「私はわかんないから、Oさんやってね」「・・」ガイドを頼む人というのは、みんなこんな感じなの?氷河があるところを歩くのに、これでいいわけ???こんなのは日本人だけ?それともここヨーロッパのクライアントもこんな感じ?
氷河を歩くガイドというのは大変だね・・。命がけだ
氷河の崩壊-1
昨年までは無かったというこの崩壊現場
氷河の崩壊-2
これを渡らなければならない
この写真には写っていないが、対岸からもこちらに渡ろうとするパーティが数組いる。こうなったら、競争だっ どっちが先に取り付くか、ヨーイドンで一瞬のスキをついて下り始める。こっちも図々しいが、相手もなかなかのもの・・「どんどん行け~っ!」はいいけど、ロープにテンションがかかって・・?見上げるともう一人のクライアントが同じロープで同時に下りて来るが、遅いっ!どんどん進めない 最後の雪壁を這い上がるところで対岸から無理矢理下りて来ようとする奴ら。(日本ではあり得ないよね~)
氷河の崩壊-3
そして、彼等がやっていたビレイがこれ。雪面に挿したアックスのシャフトにクルクルッと2回巻きつけただけの、簡単なビレイ。これが早いのなんのって・・ロープは手でもつだけ。肩等には回さない。妙に感心してしまった
ビレイ技術

そして、難なくここを通り過ぎケーブルカーの次の駅まで・・。最後の登りのおかげで、やっと高度順化になったような・・。
次の駅

崩壊した氷河
ケーブルカーに乗り、ミディの駅まで戻る時に先程通った崩壊現場を上から見た。
つくづく、仮に無理に会の子を連れて来ていたら・・高度順化で行き詰ったな。彼女に狭い急斜面の下りや、この崩壊現場は通過できなかった。

次、その2(モンブラン編)へ続く・・








スポンサーサイト

■コメント

■Re: モンブラン&マッターホルン その1(高度順化編) 7月22日~8月1日 [M]

v-254さん、無事帰国ですね。
続報待ってます。

私は3日連続の免許更新(車じゃないよ)の最終日です。今夜の夜行で東京までの鈍行の旅に出ます。ビールと地図と本を持って。
帰ったら16まで大雪のおいしいとこどりの沢に行きます。
月末はシシャモナイです。v-208

■Re: モンブラン&マッターホルン その1(高度順化編) 7月22日~8月1日 [tomo]

Mさん、ただいまぁ~i-237です!

とにかく最高のお天気が味方をしてくれた山行でした。とてもとても恵まれています。
東京までの鈍行?って、Mさんはひょっとして「電車小僧」?
暇見つけて、誘ってくださいませ・・。(電車じゃなくて岩)
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。