■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■第7回女性と登山全国集会in秩父

‐遭難や事故をなくすための私たちの活動-
6/23(土)調査報告
1.私たちの20年のあゆみと今後の展望
2.事故から学ぶ
1)2件の事故から学ぶ
2)重大事故からの生還
3)女性と遭難
4)事故現場から 救助と登山者の実態
6/24(日)
①登山者のための基本の基
②仲間を増やすセミナー活動
③事故やケガを防ぐためのトレーニング
④女性の搬出技術
⑤安全で楽しい海外登山・トレッキング
⑥楽しくためになる女性委員会活動

今回の全国集会は、1896年以来、21年ぶりの開催となり全国から220名の参加者が集いました。
来年は、東日本の集会が北海道で開催される予定です。

1日目の調査報告では、実際に事故に遭われた方の事故経験報告や山岳救助隊員による遭難者レスキューの現場報告ビデオ・体験談などを聞いて山中での事故のリスクの重さを痛感させられました。

2日目は、第5分科会に参加し、チョオユー報告・高山病体験談・女性一人でのヨーロッパの山々(4000m~5000m)登頂などの話を聞かせてもらいました。
今回参加して改めて山を楽しむバリエーションの広さと、山中での事故、ケガの怖さを感じるとともに女性の逞しさを強く感じました!
良い経験をさせていただきありがとうございました。

みんなを代表して参加してくれてありがとうございました!資料を例会で見せてもらえるそうなので楽しみにしています!!!

スポンサーサイト

■コメント

■役に立つこと [TAO]

こういう活動が世に溢れてこそ、未組織かつビギナーの我々に力となり・・・です。何故か我家は登山時報定期購読:7.1のブナの沢に同行できた幸せ者でもあります。(函館の未組織者かつビギナーかつ山と森と土を愛する者)
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。