■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■バトゥール山(バリ島、インドネシア) Mt. Batur Kintamani, Bali, Indonesia

アップ遅くなりました!

年末年始のインドネシア山行、第2弾です。

いーな、いーな(1717m)のバトゥール山は、キンタマーニ高原の中心にある活火山。

バリ島の、ココです↓ 

P1020412.jpg



数日前に登ったアグン山の往復12時間工程に比べたら、
片道2時間40分、ちょちょいのちょいっのハズだったバトゥール山。

、、、のハズは、ハズはハズでもアテハズレ。

強弱の差はだいぶあれども、
メンバーはアグンさんからのお土産に苦しめられながらの山行になりました。
(恐るべし筋肉痛!)

P1020334.jpg


*************************************************************

日の出を山で見るツアーが沢山あるようで、登山口は大勢の人で賑わっておりました。
スニーカーやサンダルの人もいましたが、岩だったりざれていたりするので、登山靴で○。

真っ暗の中をヘッドランプで進みますが、沢山のグループがおり、
大抵グループにはガイドが一緒です。

最初は真夏の富士山登山の様でしたが、だんだんバラけて行きました。

頂上まで行くグループはさほど多くなく、
サルの観察をしたり、地熱を感じたり、こだま遊びに大笑いしたり、
山小屋の子犬に目をハートにさせたり、、、、、。
所々の寄り道ありの、のんびり楽しめる登山でした。
(それでも、私たちが最後のグループだ!とガイドは云い、
 登り始めよりも近い所まで車が迎えに来てくれていました)


コースタイム:
3:00 少し離れた町、ウブドのホテル出発
3:45~4:30 軽食
5:00 登山口着(1026mくらい)
5:05 出発

7:40 頂上
8:20 下山開始
10:40 下山


メンバー: さん、さん、さん、さん、


s-P1020266.jpg
登山口に着く前、珈琲農園での軽食。

P1020282_20130211222330.jpg
地熱のある所にいたサルたち。

P1020293_20130211222659.jpg
少し雨が降ってきて、風もあって少し肌寒く感じる。

P1020327.jpg
途中の小屋

P1020308.jpg
山頂にも小さな小屋があり、ここでまた軽食。
飲ものは大体1杯200円程度。

P1020322.jpg
茹でたて玉子の温かさがいい感じ。
でも、何ともいえない不思議な感じが漂った。

P1020313.jpg
山頂。
全国民の90%近くがイスラム教のインドネシア共和国にあって、
バリ島民の大半が、バリ・ヒンドゥーというバリ島独特な宗教を信仰しているという。

P1020341.jpg
下りてくると、ガスがあがって山頂が見えてきた!

P1020355.jpg
アグン山見えるかなぁ?!

P1020364.jpg
帰りは、明るく雲もとれたので、カルデラの風景を見ながら。

P1020370.jpg
こんな道通ったかしら?、、、、、



写真・記:
スポンサーサイト

■コメント

■Re:バトゥール山(バリ島、インドネシア) Mt. Batur Kintamani, Bali, Indonesia [インチキクライマー]

ふぅ~ん  下山10時。
なまら 早かったですね。
そうそう こだま遊び 動画サイトで見ましたよ
なにやら 楽しそうですね。

■Re:バトゥール山(バリ島、インドネシア) Mt. Batur Kintamani, Bali, Indonesia [yuurei]

v-221
はい!楽しかったです!
いろいろ(山も道路も生活も、、、)驚きでした。

■Re:バトゥール山(バリ島、インドネシア) Mt. Batur Kintamani, Bali, Indonesia [hozu]

バトゥール山、行ったことがないので写真で堪能できました。バナナパンケーキ美味しそうですね!
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。