FC2ブログ

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■八内岳

2013年3月30日(土)に八内岳に行ってきました。
メンバーはさん、さん、さん所属のゆかいな?山仲間達と、の合計6名です。
お天気は、ニセコ方面はよく見えていたのに、積丹半島、及び八内岳や向かいの岩内岳にはあつく雲がかかってます。
共和町のヤチナイ川沿いのヤチナイ林道から入山します。
出発
 

林道を進み、途中から林道を離れ、木の混んだ段丘を越えて、ヤチナイ川沿いに進みます。
P3302151mini.jpg


co206m二股には、かろうじてスノーブリッジがあり、慎重に渡ります。
二股から中尾根に取り付きます。下の方は、藪や、木が少々うるさいです。
渡渉/a>


上部の尾根です。両脇にダケカンバが。気持ちが良いです。
地図上の、細い所も雪庇が落ちて、さほど問題なく通過できました。
歩き尾根


尾根の前方に見えるのが、八内岳です。
P3302155mini.jpg


歩いてる途中で、面白い木を見つけました。
木


稜線、目指して登ります。稜線直下は、雪面硬く、シーアイゼン使用する人、シートラする人、シーデポする人、それぞれです。
P3302159mini.jpg


稜線に上がると、広い尾根が広がります。八内岳に向かって、緩やかな尾根を登ります。
八内岳に向かう



全員、初めての八内岳に到着です。ヤッター!!
山頂からは、銀山の反射板が確認できました。天気が良ければ、稲倉石山、余市天狗岳も見えたのかな??
山頂集合写真は、撮り忘れました。
山頂からは、日本海、岩内の町が見えます。残念ながら岩内岳は雲の中です。
山頂


山頂からシールをはずして、快適にスキーを楽しむ人。シールはつけたまま下山する人。ツボ足の人。皆それぞれ下山です。
尾根は、狭いので落ないように慎重に滑ります。疎林の所、木の混んでる所、色々ありましたが、あっと言う間に終了です。

下山

さん、さん、その他の皆さん、楽しかったです。ありがとうございます。

コースタイム
8:50   ヤチナイ林道入口発
10:05  CO206m二股
12:25  稜線
12:50  八内岳山頂
14:35  CO206m二股
15:35  ヤチナイ林道入口着

     

     


















スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。