FC2ブログ

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■3月15日 函館山寒川地区


2014.3.15(土)晴れ時々雪
メンバー:さんさん 他2名
タイム:9:15 ロープウェイ駐車場発⇒10:15寒川入口⇒10:50寒川着⇒13:00寒川発⇒13:45寒川入口着⇒14:20函館山ロープウェイ着⇒15:00ロープウェイ発⇒15:30駐車場着


ラリーグラス道南山行初日は秘密の函館山からスタートです
天気は穏やかで絶好の寒川日和
ロープウェイの駐車場でさんと待ち合わせ9:15に歩き始める
函館山にはいくつか登山ルートがあるので
本日は汐見コースを登ることにした
どこコースに行ってもトレースはしっかりついているので
迷うことなく進むことが出来る
RIMG0008.jpg

稜線にあがり寒川入口付近に到着
ここで ピンチに陥る
雪が予想より多く降口が分からないのだ
トレースもあるはずだと思っていたのに探し出せない
しばし皆さんに休んでもらい降口を捜すも見つからず
独自の道を行く事にした

少々不安に思いつつ 思ったより深い雪の中しばらく降りていくと赤布を発見
50m間隔くらいについているので前回下った所とは違うが少し安心してひたすら下る
更に終わりの方で魚網を発見し本来の登山道に合流できた
途中謎の青い雪玉に翻弄される事件があったが無事寒川到着
結果として正規の登山道を降りるより15分位短縮出来たと思う

RIMG0013.jpg

ここは昭和30年代まで人が暮らしていた所だという
現在の寒川の様子からは想像も出来ないが
所々に残されている石壁などからその名残を感じる事が出来る

RIMG0015.jpg


本日目指すのは寒川の中での穴間と呼ばれる所
寒川を船見町方面にすすんで行くと
昔そこがこの地区の人々と山の向こう 
現在私達が暮らす地域を結ぶ唯一の手段であった吊橋の跡を見ることが出来る
写真の穴が手掘りのトンネルでその先に岩を水平にした歩道が見える
さらに写真には写っていないがその歩道の先に吊橋跡があるのだ
吊橋の向こう側には船見方面からも行く事ができる
吊橋の幅は10m弱 
夏なら泳げそうにも思うが潮の流れが速く一般人には難しいらしい
RIMG0016.jpg


天気も穏やかだったので穴間まで岩の海岸をのんびり進む
途中 岩に付いているふのりを食べる青玉のセンセイ

RIMG0020.jpg

穴間に到着 各自写真撮影

RIMG0021.jpg

海岸はこんな感じ
ここに住んでいた人は本当に大変だったと思う
RIMG0017.jpg

振り返って撮った穴間の全容
ここにも魚網が張ってあり登り降りが可能

RIMG0018.jpg

戻りはトレース通りに正規のルートを進む
正規?の降口は今回降りた所の15mほど手前でした 

RIMG0022.jpg

この後ロープウェイ乗り場まで行き 函館山本来の風景を見学
薬師コースを下る

遠い函館まで来ていただいた皆さん ありがとうございました
また遊びにいらして下さい

記:

スポンサーサイト

■コメント

■Re:3月15日 函館山寒川地区 [dz]

これは行きたい、探検したいです!
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。