■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■西大嶺

0表紙
1月11日(祝)
11:00グランデコスキー場最終リフト 12:30西大嶺~一度下りのぼり返し~14:30西大嶺 16:00 スキー場車止め
西大嶺トラック

福島の山を楽しむツアー。
福島の山は、安達太良山、西大嶺、西吾妻山、東吾妻山、猫魔山、会津磐梯山など冬~春にかけて山スキーが楽しめる山がいくつかある。
スキー場のリフトを利用して登れる山も多いので、比較的気軽に楽しめるようだ。
今回は、西大嶺に登った。
1_201503072225151f6.jpg
2



天気予報は良くない天気とのことだったが、青空が広がりモンスターの中を快適に登ることができた。西大嶺まではリフト終点から1時間30分で登れてしまう。

3

4

山頂直下の南東斜面は快適な斜面となっていて、一度目に登った時は、トレースもついていなかったので滑り降りるか迷ったが、天気も悪くなってきたし断念して南西のコースを下山した。ところが、まだ積雪量が十分でなくヤブヤブで下れない。このままスキー場にまっすぐ降りてしまうのももったいないので、もう一度山頂までのぼり返して、南東斜面を滑ることにした。2度目に登ったときは、ほとんど人もいなくなっていたが、すでに斜面は荒らされていて残念なことに。

5

それでも、斜面を1度滑り、のぼり返してスキー場まで降りた。天気が安定していれば、西大嶺から西吾妻山まで縦走することもできる。西大嶺~西吾妻山の間には、大きなモンスターがあり、縦走は楽しいそうだ。
また、西大嶺を北側の山形側から登ると、さらに楽に西大嶺まで登れ、スキーも快適とのこと。雪が多い時を選んで登りたい。ちなみに、前日安達太良山を偵察したが、風が強く雪が少なく登る気がしなかった。
【記】
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。