■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■神楽ヶ峰~霧の塔~雁ヶ峰(上越の山)

2月21日(土)
0表紙

10:10三俣最終リフト 10:30神楽ヶ峰分岐 12:13-45霧の塔 14:10雁ヶ峰 15:30スキー場

トラック(神楽ケ峰~霧ノ塔~雁ケ峰)

上越の山を楽しむ企画。東京駅から始発の新幹線に乗り、越後湯沢駅へ。
1週間前に指定席を取ろうとしたらすでに満席でイヤな予感がしたが、当日行ってみるとものすごいスキー&ボーダーの人人人。座れるかなーと心配しながら自由席の列に並んだが、何とか座ることができてよかった。

1_201503072322511d6.jpg
今回は、これ以上望みようがないほどの好天に恵まれた。三俣スキー場もそこそこお客さんがいてにぎわっていた。大きなゴンドラやリフトを乗り継いで最後のリフト終点まで行く。スキー場はとてつもなく広く、立ち入り禁止のロープなどもなく、割と自由に滑れる。いろいろな斜面の林間をボーダーやスキーヤーが滑っていた。
リフト終点には、ゲートがあり係員2名が登山届を受け取り確認している。登山届を渡した後、ゲートを通るときに自動的にビーコンテストができる仕組みになっていた。
2_2015030723225367a.jpg

3_20150307232254b13.jpg
本当に良い天気で、

4_20150307232256193.jpg
ツアーのボーダーやスキーヤーで大賑わい。
5
霧の塔山頂です。
6_20150307232956b16.jpg
霧の塔山頂からもボーダーが滑降した跡が見えます。
8_201503072329580e3.jpg
霧の塔山頂から神楽ヶ峰方面を振り返る。

9_2015030723295964f.jpg
それでも神楽ヶ峰~霧の塔~雁ヶ峰と周遊する人たちは少なく、雁ヶ峰までくると10名程度だった。ゆっくり周わっても5時間程度なので快適だ。
10_20150307233001dd0.jpg
今回は、晴れていたが、雁ヶ峰の下りはだだっ広く、吹雪くと方向が分からなくなるので要注意だ。雪は若干重めだったが本州にしては良い雪質とのことで、

12_2015030723304572f.jpg
最後の最後の急斜面以外は快適に滑ることができた。↑これは、最後の斜面、すでにモナカ状態でターンが出来ず。。

最後はスキー場にまた戻るが、帰りもリフトに乗ってのぼり返すところがある。スキー場は広いし無事山から下りてきてもスキー場内で迷いそう。スキー場の最後は振り子急斜面で、この下りが意外に面白かった。

上越の山は、このほかにも近くに東谷山、平標山などいろいろ滑れるところがあり楽しめる。米どころの魚沼も近く温泉もたくさんあり、山と温泉とグルメとセットで晴れれば最高の週末を満喫できる。

【記】

~付録~
湯沢温泉名物、うどんすき@森滝
予約は必須で1時間30分の制限付き、安い!うまい!
13うどんすき@森滝

同じく行列ができるトンカツ屋さん@人参亭、
ごはんは、魚沼産コシヒカリの中でも特にオイシイと言われている塩沢産コシヒカリが使われている。
トンカツ@人参亭
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。